新着情報

スタディクラブ情報局

都立高校入試倍率【2020年度速報】

都立高校入試倍率【2020年】最終応募状況

都立高校入試倍率【2020年2月13日】最終応募状況 【願書取り下げ・再提出後】

都立高校一般入試倍率速報2020年2月6日

2020年2月6日発表の願書受付2日目の状況はこちらから

都立高校入試倍率【2020年2月6日速報】願書受付2日目状況

都立高校一般入試倍率速報2020年2月5日

2020年2月5日発表の願書受付1日目の状況はこちらから

都立高校入試倍率【2020年2月5日速報】願書受付1日目状況

都立高校推薦入試結果【2020年度】合格発表

※この記事は2020年2月1日に更新されました。

東京都教育委員会は、2020年1月31日に令和2年度の都立高校推薦入試の結果を発表しました。

推薦入試の募集人員167校 9,032人(前年度9,024人)に対し、応募者数は 23,038人(前年度23,547人)、受検者数は 22,997人(前年度23,497人)、受検倍率は 2.55倍(前年度2.60倍)となり、前年度より0.05ポイントダウンしました。

合格者は男子が 4,203人(前年度4,195人)、女子が 4,694名(前年度4,788人)の合計 8,897人(前年度8,983人)となり、男子が8人増、女子が94人減、全体で86人の減という結果でした。

普通科(コース制・単位制除く)の受験倍率は、2.97倍(前年度2.92倍)で0.05ポイント上昇。

コース制は1.57倍(前年度2.05倍)で、0.48ポイントダウン。単位制は 2.76倍(前年度2.76倍)と変わらず。

普通科合計で 2.92倍(前年度2.89倍)となり、0.03ポイント上昇しました。

専門学科では商業科1.69倍(前年度1.66倍)、工業科1.38倍(前年度1.68倍)など。

専門学科全体では、1.70倍(前年度2.00倍)となっています。総合学科 は2.13倍(前年度1.96倍)。

文化・スポーツ等特別推薦は1,000人の定員に対し応募者数は1,962人,合格者数は 874人でした。

引用元:東京都教育委員会

都立高校推薦入試応募倍率【2020年度】

※この記事は2020年1月23日に更新されています。

東京都教育庁は、2020年1月22日、都立高校推薦入試の応募状況を発表しました。

推薦入試の募集人員167校 9,032人(前年度9,024人)に対し、応募者数は 23,038人(前年度23,547人),応募倍率は 2.55倍(前年度2.61倍)となり、前年度より0.06ポイントダウンしました。

男女別募集の普通科男子は 2.64倍(前年度2.60倍)、女子 3.34倍(前年度3.28倍)となり、それぞれ、0.04ポイント・0.06ポイント上昇。

コース制は1.59倍(前年度2.06倍)で、0.47ポイントダウン。単位制は 2.77倍(前年度2.77倍)と変わらず。

普通科合計で 2.92倍(前年度2.89倍)となり、0.03ポイント上昇しました。

普通科の最高倍率は、男子が片倉の5.45倍、女子が青山の7.08倍となっています。

専門学科では商業科1.69倍(前年度1.67倍)、工業科1.39倍(前年度1.68倍)など。専門学科全体では、1.71倍(前年度2.00倍)となっています。総合学科 は2.13倍(前年度1.97倍)。

文化・スポーツ等特別推薦は1,000人の定員に対し応募者数は1,962人,応募倍率は1.96倍(前年度1.94倍)と0.02ポイント上昇。

普通科の高倍率上位5校は以下の通りです。

普通科 普通科
男子 女子
学校名 倍率 学校名 倍率
1位 片倉高校 5.45 青山高校 7.08
2位 城東高校 4.78 松原高校 5.56
3位 紅葉川高校 4.71 日本橋高校 5.32
4位 大崎高校 4.64 神代高校 5.27
5位 東村山高校 4.47 片倉高校 5.05

進学指導重点校の志望状況は、以下の通りです。

学校名 男子 女子
日比谷高校 2.50 4.33
戸山高校 3.56 4.67
青山高校 4.36 7.08
西高校 2.53 4.30
八王子東高校 1.53 2.53
立川高校 2.72 3.47
国立高校 3.28 4.33

進学指導特別推進校の志望状況は以下の通りです。

学校名 男子 女子
小山台高校 2.88 4.40
駒場高校 2.07 3.08
小松川高校 2.34 2.70
町田高校 1.75 1.70
国際高校(一般) 3.64
新宿高校 5.41
国分寺高校 3.11
学校別の状況詳細はこちらから

普通科(コース・単位制以外)

普通科(コース・単位制)

専門学科・定時制 単位制

文化・スポーツ等特別推薦

連携型

国際バカロレアコース

在京外国人生徒対象

推薦入試に関する今後の日程

(1)集団討論・個人面接、実技検査等

  1月26日(日曜日)1月27日(月曜日)

(2)合格者の発表

  1月31日(金曜日)午前9時 学校に掲示

(3)入学手続

        1月31日(金曜日)午前9時から午後3時まで 

  2月  3日(月曜日)午前9時から正午まで

引用元:東京都教育委員会

 

※以下は、2020年1月7日に発表された志望予定調査の結果についてです。

都立高校入試 【2020】志望予定調査結果

※この記事は、2020年1月9日に更新されました。

2020年1月7日、東京都教育庁より、令和2年度の都立高校全日制志望予定(第一志望)調査の結果が公表されました。

都内区市町村立中学校及び義務教育学校(611校)卒業予定者(75,333人)を対象とし、令和元年12月13日時点での調査結果となっています。

調査結果の概要

都立高校全日制 第一志望者

都立高校の全日制を第一志望とする生徒は、49,064名、募集人員39,581名に対する志望倍率は1.24倍となりました。

志望倍率の推移は、H31年度が1.25倍、H30年度1.28倍、H29年度1.34倍と下降傾向が続いています。

都立高校全日制を第一志望とする生徒の割合は、65.6%となり(H31年度66.9%、H30年度68.2%、H29年度71.1%)、こちらも下降傾向が続いています。

一方で、都立以外の高校・高専(私立・国立・都外)志望者の割合は、25.4%となり、上昇傾向が続いています。

これらの結果は、私立高校の授業料実質無料化の影響が要因として考えられます。

学校別の状況

普通科の最高志望倍率は、男子が青山高校の2.19倍、女子が広尾高校の2.45倍となっています。

普通科の高倍率上位5校は以下の通りです。

普通科 普通科
男子 女子
学校名 倍率 学校名 倍率
1位 青山高校 2.19 広尾高校 2.45
2位 戸山高校 2.10 三田高校 2.37
3位 石神井高校 2.03 青山高校 2.27
4位 城東高校 1.99 竹台高校 2.16
5位 狛江高校 1.95 昭和高校 2.09

専門学科では、工芸高校(デザイン)2.54倍がもっとも高く、国際高校(国際・一般)が2.13倍で続いています。専門学科の高倍率上位5校は以下の通りです。

学校名 学科名 倍率
1位 工芸高校 デザイン 2.54
2位 国際高校 国際(一般) 2.13
3位 工芸高校 マシンクラフト 2.00
4位 総合芸術高校 美術 1.94
5位 葛西工業高校 機械 1.89

進学指導重点校の志望状況は、以下の通りです。

学校名 男子 女子
日比谷高校 1.57 1.64
戸山高校 2.10 1.93
青山高校 2.19 2.27
西高校 1.55 1.57
八王子東高校 0.97 1.31
立川高校 1.80 1.45
国立高校 1.43 1.66

進学指導特別推進校の志望状況は以下の通りです。

学校名 男子 女子
小山台高校 1.54 1.73
駒場高校 1.27 1.50
小松川高校 1.41 1.29
町田高校 1.09 1.04
国際高校(一般) 2.13
新宿高校 1.61
国分寺高校 1.52

進学重視型の専門学科高校は、科学技術高校(科学技術)0.83倍、多摩科学技術高校(科学技術)が1.32倍、大田桜台高校(ビジネスコミュニケーション)0.81倍、千早高校(ビジネスコミュニケーション)0.96倍となりました。

 

 

引用元:東京都HP

令和2年度都立高校全日制志望予定調査結果(概要)

令和2年度都立高校全日制志望予定調査結果(参考資料)

令和2年度都立高校全日制志望予定調査結果(学校別の状況)

都立高校関連情報

都立高校 募集人員 2020年【令和2年度】

都立高校合同説明会 2019年【令和元年度】

都立高校内申点の計算と調査書点を上げるためのポイント

東京都立高校 一般入試のしくみ

都立高校 人気(倍率)ランキング【2019年度入試】

都立高校の学費 授業料・入学金や就学支援金はいくら?

都立高校 合同説明会・文化祭・見学会・学校説明会に行こう【令和元年度】

都立高校入試平均点 2019年【平成31年度】

都立高校の推薦入試・スポーツ推薦とは?

都立高校入試日程 2020年【令和2年度】

校舎でのご相談はこちらから

羽村校

TEL:042-579-1081

羽村校へのお問い合わせ

王子校

TEL:03-3914-7077

王子校へのお問い合わせ