スタディクラブ情報局

スタディクラブ情報局

プログラミングコンテスト【2019】にチャレンジしよう

小中学生向けプログラミングコンテスト

小学校での必修化が話題のプログラミング。本格的なAI時代の到来も予測される中、プログラミング教室に通って学ぶ小中学生も増えてきました。そんなプログラミングを学ぶ小中学生向けの「プログラミングコンテスト」も増えてきています。この記事では小中学生がチャレンジできる人気のプログラミングコンテストをご紹介していきます。

プログラミングコンテストとは?

プログラミングコンテストは、プログラミングした作品を提出して、競い合うコンテストです。コンテストは以下のような流れで進んでいきます。

①自分オリジナルの作品を提出(テーマは自由)

②審査が行われ「技術力」「発想力」「設計力」「表現力」などが問われる。

③最終審査まで残ると最終審査会に出場。

④その場で審査結果発表・表彰。

入賞者には賞金や副賞も用意され、その実績は入試でもアピールできるポイントになります。

小中学生に人気のプログラミングコンテスト

ここでは小中学生に人気のプログラミングコンテストを紹介していきます。

小学生のためのプログラミングコンテスト

『TECH KIDS GRAND PRIX 2019』

全国NO.1小学生プログラマーを決める大会。2018年からスタートして、今年が2回目の開催。『21世紀を創るのは君たちだ。』をスローガンに掲げ、ビジョン・プロダクト・プレゼンテーションの観点から審査が行われます。

●エントリー・作品提出〆切

2019年7月14日(日)23:59

●決勝プレゼンテーション

2019年9月23日(祝)に渋谷ヒカリエで開催

初開催である2018年には、12名のファイナリストが決勝プレゼンテーションにて自らの作品の発表を行い、その作品とプレゼンテーションのレベルの高さが各種メディアでも報道され、広く注目を集めました。

2019年も17の企業・団体の後援を受け、賞金総額100万円が贈呈されるコンテストです。

公式サイト

https://techkidsschool.jp/grandprix/

第4回全国小中学生プログラミング大会
小学生から中学生が対象のコンテストで今年で4回目となります。全国小中学生プログラミング大会実行委員会が主催、朝日新聞社が共催、総務省・経済産業省・文部科学省が後援予定です。
●応募期間
2019年7月1日(月)~2019年9月2日(月)
●審査基準
「発想力」「表現力」「技術力」
●最終審査会
2019年10月20日(日)に都内で開催予定。
賞や副賞などの詳細は後日発表予定。
将来的に国内外のIT業界で活躍する人材の発掘・育成を目指 す「U-22プログラミング・コンテスト」とも連携しています。
公式サイト
その他にも多くのコンテスト・大会が開催されます。地域限定のコンテストなどもありますので、プログラミングを学んでいる小中学生は、ぜひ腕試しにチャレンジしてみましょう。きっと良い思い出にもなるはずです。
プログラミングを学びたい小学生はこちらから