スタディクラブ情報局

スタディクラブ情報局

プログラミングの発表会「Go SOZO Tokyo 2019」が開催

Go SOZO (ゴーソウゾウ)Tokyo 2019

2019年9月23日(月・祝)に開催される「Go SOZO Tokyo 2019」は、「子どもたちが可能性を広げ、自信を持てる場」として、子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるイベント。プレゼン発表者にはIT企業などの最前線で活躍するプロからその場でフィードバックがもらえる機会もあります!
スペシャルコンテンツとして、「中学生起業家」の加藤路瑛(かとうじえい)さん(13歳)と世界ロボットコンテスト(WRO)で世界7位に輝き、孫正義財団3期生の小助川晴大(こすけがわはるた)さん(10歳)によるプレゼンもあります。その他、プログラミングやロボットはもちろん、子供たちが自分自身で考え、自分の手で創り出す特別なワークショップもあり、見学だけでもワクワクに溢れた機会になっています。

開催概要

日程・タイムスケジュール

9月23日(月・祝)

10:00~12:30 午前の部 

12:30~14:00 昼休憩(子育てトークセッション企画中) 

14:00~16:30 午後の部 

※各部の最後にスペシャルコンテンツを予定 

料金

一般来場:無料 

発表参加:5,000円 

場所

ココネ株式会社

https://www.cocone.co.jp/

東京都港区六本木3-2-1 

住友不動産六本木グランドタワー42F 

アクセス

東京メトロ南北線六本木一丁目駅直結 

発表方法

①プレゼン発表 

自分がプログラミングやロボットで作った作品について、観客の前でプレゼンテーションを行います。発表の際には、用意されたプロジェクターで、自分で作成したスライドや動画を使って発表します。当日はプロのゲームクリエイターやエンジニアをゲストとして招待し、発表者へ直接フィードバックをしてもらえることになっています。

②ブース発表 

自分がプログラミングやロボットで作った作品を、割り当てられたブース(机の上のスペース)で展示・実演する発表方法です。当日来場される方々を前に、詳しい説明をしながら作品を動かしてみせたり、実際に手に取って作品を動かしてもらったりできます。

発表枠

発表は午前・午後の2部制で、申込時に選択することになっています。

①プレゼン発表(プレゼン3分+フィードバック)

午前40枠 午後40枠 

②ブース発表(来場者に対する実演)

午前40枠 午後40枠 

SOZOワークショップ

①coporiiプログラミングトイひろば 

②えっ、不思議!はがせる・汚れないボディペイントで自分をキャンバスに!

③プロジェクションマッピングをロボットNAOとともに作ろう 

④目指せ起業家!ビジネスを体験するマーケティングボードゲーム

⑤こんなものまで!?プログラミングではじまる便利な世界

⑥なんで?プロジェクトー「?」を見つけよう!記録しよう!

運営主体

Go Visions株式会社

お申込みはこちら

https://go-visions.com/gosozo_tokyo2019summer