スタディクラブ情報局

スタディクラブ情報局

AI【人工知能】英語スピーキング体験会を開催します

AI【人工知能】英語スピーキング体験会のお知らせ

スタディクラブ王子校は、2019年8月31日(土)17時より、AI【人工知能】を活用した英語スピーキング体験会を開催します。

AI英語スピーキング体験会開催概要

開催概要

開催日時:2019年8月31日(土)17時~18時30分

開催場所:スタディクラブ王子校 

対象学年:小5・小6・中学生 

参加費用:無料 

定員:25名(保護者同伴可)

英語スピーキング導入の背景

都立高校入試

東京都では、東京都教育委員会の監修のもと、民間の資格・検定実施団体が行う、新たなスピーキングテストを活用して、中学生のスピーキング能力を把握することが発表されています。東京都中学校英語スピーキングテスト(仮称)の実施予定は以下の通りです。

2019年度:プレテスト実施(一部抽出校の3年生 約8,000人)

2020年度:確認プレテスト実施(都内公立中学校3年生全員 約80,000人)

2021年度:スピーキングテスト実施(都内公立中学校3年生全員 約80,000人及び都立高校入学者選抜受験予定者)

なお、2021年度スピーキングテストは、11月から12月にかけて、大学などの外部施設を利用して実施され、タブレット端末に解答を録音する形式となる予定です。そしてその結果は、年明けの2022年度の都立高校入試において活用される予定となっています。つまり、現中学1年生が都立高校を受験する際には、スピーキング能力(スピーキングテストの結果)が都立高校入試での合否に影響することになります。

大学入試

2021年度より、新たに実施される「大学入学共通テスト」では、民間の英語資格・検定試験を活用することが決まっています。英語民間試験は大学入学共通テストの目玉として導入が決まり、「話す」「聞く」「読む」「書く」という4技能を問うことを目的とし、各民間試験の点数を語学力の共通の物差しとされる欧州言語共通参照枠(CEFR)のランクに当てはめ、大学に提供する予定です。

共通テストで活用される予定の民間試験は、「ケンブリッジ英語検定」「実用英語技能検定(英検)」「GTEC」「IELTS」「TEAP」「TEAPCBT」「TOEFLiBT」があり、いずれもスピーキング能力が問われることになります。

AI英会話アプリ「TerraTalk」

今回の体験会では、ジョイズ株式会社が開発した、AI【人工知能】英会話アプリ「TerraTalk」を使用します。「TerraTalk」は、発音や文法、流暢さなどの主要指標において、AI・音声・言語技術を活用した評価システムで、語学学習を強力にサポートします。

英語の習得には多くの時間が必要となり、学校の授業だけでは学習時間が絶対的に足りないのが実情です。「TerraTalk」は、いつでもどこでも時間さえあれば、気軽にスピーキングのトレーニングができ、英語習得に必要な学習時間を確保することが出来ます。あなたの発音をAIが判定・分析をしてくれますので、ぜひ今回の体験会で、その魅力を体験してみてください。

お問い合わせ・お申込みはこちら

王子校へのお問い合わせ

03-3914-7077

関連情報

都立高校 英語スピーキングテスト導入

東京都中学校英語スピーキングテスト事業の審査結果を都教委が発表

英検新方式 全国にテストセンター設置

【TOEIC】大学入学共通テスト撤退を発表