スタディクラブ情報局

スタディクラブ情報局

東京都中学校英語スピーキングテスト事業の審査結果を都教委が発表

東京都教育委員会は、2019年5月31日に「民間資格・検定試験を活用した東京都中学校英語スピーキングテスト(仮称)事業」の審査を行った結果、株式会社ベネッセコーポレーションを最優秀事業応募者として決定しました。

資格・検定試験実績により試験運営を実現できる基盤が整っていること、スピーキングテストにおいて重要な点であるタブレット端末等の使用機材を既に保有・使用しており、安定的・継続的な事業運営が可能であること、東京都教育委員会において新しい試みであるスピーキングテストに対して熱意を有している点を評価したとしています。

これにより、株式会社ベネッセコーポレーションは、6月上旬より東京都教育委員会との協議を開始し、7月までには事業者として正式決定される見込みです。

東京都中学校英語スピーキングテスト(仮称)の実施予定は以下の通りです。

2019年度:プレテスト実施(一部抽出校の3年生 約8,000人)

2020年度:確認プレテスト実施(都内公立中学校3年生全員 約80,000人)

2021年度:スピーキングテスト実施(都内公立中学校3年生全員 約80,000人及び都立高校入学者選抜受験予定者)

なお、2022年度の都立高校入試においてはテスト結果を活用する予定となっています。