王子校の新着情報

王子校

【王子で人気】未来デザイン講座開催 ゲームが夢中になれる秘密を探求!

夢を見つけ叶える未来デザイン講座の開催

ゲームはどうして面白いの?


7月13日に未来デザイン講座を開催いたしました。
未来デザイン講座は「勉強と関係のないけど社会に出たら役に立つコンテンツで探求をしていくキャリア教育」の1つです
今回のテーマは「ゲームはなんで面白いの? 人生のゲーム化」でした。

ゲームのやりすぎで夜更かしをしてしまったことやゲームは集中してできるのに、他のことになると途端にやる気が出なくなってしまうことがある。という経験はありませんか?
そう、、、
ゲームにはプレイヤーを虜にする秘密が隠されているのです。ゲーミフィケーションと呼ばれる手法を取り入れると何事もゲームに変えることができます。今回は第一弾としてTVゲームに限らずゲームが取り入れている要素について探求をしていく時間にしました。

ゲームの3大要素は夢・敵・法

ゲームの3大要素は上記の「夢・敵・法」となっています。夢とは目的・達成したいこと。敵とは夢を邪魔してくるもの。法とはそのゲームを行う中でのルールです。
つまりゲームとは『達成したいことを叶えるために与えられたルールの中で行う敵との楽しい戦い』ということになります。
これは基本的にすべてのゲームに当てはめることができ、例えば
ドラクエは『アレフガルドの平和を取り戻すためにドラクエ独自のルールの中で行う(スライムなど)敵との楽しい戦い』
マリオは『ピーチ姫救出のためにマリオ独自のルールの中で行う(クリボークッパなど)敵との楽しい戦い』
サッカーは 『相手より多くの得点を取るために足を使って蹴るなどのルールで行う(相手チーム)敵との楽しい戦い』と言い換えることができます。この枠組みに当てはめていくと人生のあらゆることがゲーム化できるようになってきます。
勉強もその一つで勉強(小中高)は『定期テストでよい点数を取るために試験範囲や試験時間など同じ条件で行う(先生・友達?)敵との楽しい戦い』と言い換えることができます。

敵がいるから面白い

ゲームは敵がいるから面白いですよね。ボスがいるから楽しんで倒したときに達成感を得ることができます。ずっと無敵状態だったらいかがでしょうか?きっと最初は楽しいかもしれませんが少し時間が経ったらきっと飽きてしまいます。人生も同じです。何か達成したいことができた時に阻むものが必ず出てきます。必ずです。阻止するものや邪魔をしてくる敵を『課題』と置くとすっきりするのではないでしょうか?何事をするにも課題が現れます。その課題をクリアしていく毎に自分のスキルや役職(レベル)が上っていくのです。だから人生を邪魔する敵や課題が現れた時は「やったー!新しい敵が出てきたぞ!」と思うだけでも取り組む姿勢が変わっていきます。

ゲームを作る体験

授業の中ではこれを踏まえて実際に遊びを作ってもらいました。
ルールは「走る or ジャンプ or 走る+ジャンプ」を使ったゲームを15分以内に考えること。これは普段スマホゲームなど既に作られた遊びが手軽に無料で増えてきて自分たちの遊びを考えたりする機会がどんどんと失われてきていることもあったのであえて身体さえあれば遊べるものを作ってくださいという形で考えました。みんな制限の中で頑張って考えていました。

人生もゲームのように楽しみながら歩んでください

人生はつまらないもの。夢はなくゲームの方が楽しいと考えていらっしゃる方がいるのではないでしょうか。でも少し考え方を変えるだけで辛いと考えていたものが「ゲームの敵」のように愛すべき存在になる可能性もあります。人生ゲームの良い点は
『人生の目的(夢)はいつでも変更が可能ということ』
『人生の場合はたとえ負けてしまったとしても経験値がUPすること』
『ゲームオーバーのルールはたった1つ 死 のみ』と自由度が高い点にあります。みなさんはゲームの主人公です。自分だけの人生の目的を見つけて、現れる課題を楽しみながらクリアしていってください。

あなたにとって人生でワクワクすることはなんですか?

次回の未来デザイン講座は8月31日(土)を予定しております。
新しいゲームのCMを見てからそのゲームのことがやたら目に入るようになった。
人混みなのに自分の名前だけは聞き取れるという経験はありませんか?
それは脳のある一つのシステムが関係をしています。そのシステムを利用することで夢を叶える方法が自然と見つかっていくという脳についてのお話です。
ご興味のございます方はぜひ一度見学にお越しくださいませ。お待ちしております。