羽村校の新着情報

羽村校

【羽村市の英語教育】について

文部科学省が平成30年度「英語教育実施状況調査」の結果を公表しました。

詳しくは以下「スタディクラブ情報局」をご覧ください。
https://study-club.jp/info/201904171405/

今回の調査結果では都道府県及び指定都市の結果を見ることができます。各地域の取り組みの差が大きく出始めている中、中学生の英語力は埼玉県のさいたま市がダントツの1位になりました。さいたま市は小学校1年生から「グローバル・スタディ」という名称の早期英語教育に力を入れており、その成果が出た格好となっています。

では、羽村市の取り組みはどうなっているのでしょうか?

今回の調査結果からは羽村市の英語力を確認することはできませんが、実は羽村市も先進的な早期英語教育に取り組んでいます。

☆羽村市公式動画チャンネル
https://youtu.be/q2KdzfcfIzY


こちらの羽村市公式動画チャンネルで公開されている通り、羽村市でも小学校1年生から積極的に英語教育を実施していますね。これからその成果が徐々に表れてくるのではないでしょうか。

英語の習得に必要とされる学習時間は一説によると約3000時間といわれています。1日1時間の学習を約8年間継続する計算です。日本人が日本語を当たり前に話せるのは、幼いころから日々、日本語に触れているから。当然ながら英語の習得にも多くの時間数を割き、日々触れていくことが重要なポイントですよね。

そういった意味でも羽村市が小学校1年生からの早期英語教育に取り組んでいることはたいへん素晴らしいと思います。もちろん学校での学習だけで、実際に3000時間以上を確保することは難しいと思いますので、学校以外での英語学習も必要にはなります。

その点も踏まえてスタディクラブ羽村校でも羽村市の小中学生の皆さんの英語力向上のお手伝いができるよう英語指導を強化してまいります!