新着情報の新着情報

新着情報

【王子で人気】第3回 未来デザイン講座 「USJ復活劇から考えるマーケティング思考」を開催

5月11日 18時に

第3回未来デザイン講座を開催いたしました。

今回のテーマは「USJ復活劇から考えるマーケティング思考」でした。

いまやディズニーに並ぶトップテーマパーク「USJ」しかし2004年に事実上の経営破たんに陥っていました。
奇跡のV字回復に隠された秘訣はたった1つ。マーケティングの力で消費者視点の企業に変わった事例の紹介とそしてUSJの事例から普段何気ないところに潜むマーケティングについて探求をしました。

マーケティングっていう言葉は聞いたことあるけど、意味は知らない。という方に簡単に紹介をするとマーケティングとは「売れる仕組み」を作ることです。

営業・販売員さんは「売る仕事」ですので川で例えるとマーケティングの方が上流にあります。(川の源流、湧き水的な所)

営業・販売員さんは下流に属します。(皆さんに飲み水を届ける所)

上流と下流は役割の違いなので、マーケティングの方が偉いなどの差はありませんのでご注意を。

そんな売れる仕組みを考えるマーケティングの仕事。

実は日々の生活の中にあらゆる分野で存在しています。

黒ウーロン茶やシーブリーズ、たくさんの人が持っているiPhoneなどコンビニやドラッグストア、家電量販店など日々接してるお店にはマーケティングが潜んでいます。

この商品は<誰に対して>売りたい商品なんだろう。その誰かに対して<その誰かにとって、どんな価値があるのだろう>ということを考えてみましょう。iPhoneの例でいくと

誰に対して=機械に触れる機会の少ないテキサス州のおばさん(機会が苦手な人)

どんな価値=タッチパネルで直感的に簡単に操作ができる

という価値を持った商品だから日本でも圧倒的なシェアを持つ商品になりました。

未来デザイン講座の中では、こういった事例について誰に対しての商品なのかどんな価値があるのかを考えるワークを行いました。

その後に「三ツ矢サイダー」のマーケティング担当になったと仮定をして既存のターゲットを奪われてしまったという想定である商品の新しいターゲットと新しい価値を考えるワークをしてもらいました。生徒はチームになって一緒に考えながら最後プレゼンテーション。受験生に対しての「勉強サイダー」やお酒とも割れる「大人のサイダー」など魅力的な価値を付けて発表をしてくれました。

学校の勉強のように正解はありません。ただ、これを正解にしていく力や、新しい価値を生みだせる人材はきっと10年後も必要とされる人になれます。正解がないからこそ楽しいのが仕事です。

そんな社会に出ても役立つ力を育てる未来デザイン講座。体験受付中です。

次回は6月1日です。次回は「9割が間違っていたあの勉強法とはおさらば。超効率勉強法!」です。

体験などお待ちしております。